TOP > コンテンツ一覧 >

中古カメラ 一期一会

2
中古カメラ 一期一会
ショップのショーケースにならぶ中古カメラたち。中古カメラは1点モノで、同じ物は2つと無い。。。
いまこの時を逃したら、目の前のカメラとは2度と出会えないかもしれない。
写真家が、ショップを彷徨いながら出合ったお得なカメラたちを紹介する。
公開日:2015/12/02

札幌で20年 セブン商会

photo & text 中村文夫


セブン商会は松坂屋カメラ(東京)から独立した野口さんが開いたお店。今年で創立20周年という札幌でも指折りの中古カメラ専門店だ。店は地下鉄東西線バスセンター駅から徒歩2分。サッポロビール工場跡地を利用した大型ショッピングセンターのサッポロファクトリーがすぐそばにあるなど、観光や出張のついでに足を伸ばすのに打って付けのロケーションだ。

穏やかな陽の光が射し込む南向きの店内は木製フローリングを活かしたシックな雰囲気。2009年にお邪魔したときはフィルム関係がメインで一だったが、今はフィルム6割デジタル4割といった感じ。いずれにしても一眼レフとレンジファインダー機が充実していることに変わりはなく、コレクター向けの商品から実用機まで、ボディ、レンズともお買い得品が多い。また北海道は年間を通して湿気が少ないので、カビによるトラブルが少ないことで有名。そんな意味でも北海道で買う中古カメラは安心だ。


札幌駅からだと地下鉄南北線真駒内方面行に乗り大通で東西線新さっぽろ方面行に乗換え。一駅めのバスセンター前で下車して9番出口を出て大通りを渡り、タイヤ店脇の路地を北へ入って50メートルほど。


店内は静かで落ち着いた雰囲気。じっくりカメラ選びができる。


<中村文夫がセブン商会で見つけた逸品>

※商品は取材時の店頭での在庫です。現在の在庫と価格を保証するものではありません。


ライカM3 
ファインダーを28ミリ視野枠付に載せ替えた後塗りのライカM3。


ライカM5
10万円でお釣りが来るライカM5。巻き上げレバーと同軸上にある大型シャッターダイヤルと追針式式露出計が使いやすい。


ライカIIIg
ファインダーにパララックス補正機構を内蔵したバルナック型ライカの最終モデル。スクリューマウントユーザーにお勧めだ。


レンジファインダー用交換レンズやアクセサリーも充実。


ライカC
1.7型1210万画素センサーを採用したコンパクトデジカメ。丸みを帯びたスタイリッシュなボディーがいかにもライカらしい。


ニコンF 
超お買い得のニッコール50ミリF2、アイレベルファインダー付のニコンF。ウェストレベルファインダーも安い!!



機械式の実用機として人気の高いF2フォトミックAにモードラ、28ミリレンズがセットになっている。


ニコンF4はボディだけで8000円からと信じられない値段



機械式制御と絞り優先AEを両立させたハイブリッドシステム採用のニコンFM3A



シャッターにチタン幕を使用した後期型のニコンSP。ニコン製レンジファインダー機の集大成といえる名機。



クラシックカメラの中では、実用機として最適なニコンS3



入荷するとすぐに売れてしまうニコンのデジタル一眼レフ



デジタル用を中心としたニコンFマウントレンズ



キヤノン F1やEOS1など、フィルム時代の名機も揃う。



ズラリと並んだキヤノンの白レンズ



カメラメーカー純正品だけでなく交換レンズメーカーの製品も豊富



ペンタックスのフィルム時代の最後を飾ったMZ-S。意外と見かけない貴重なカメラだ。



HDコートの現行品(左)とSMCコートの新旧リミテッドレンズ(右)、ペンタックス DA 15mm F4 ED AL。3000円の差は悩みどころ。



ペンタックス67用の巨大な望遠レンズ SMC PENTAX67 500mmF5.6



望遠系を中心としたハッセルブラッド用交換レンズ 



人気の高いコンタックス用レンズとアクセサリー



珍しいレフレックスレンズ ヤシノン REFLEX 500mm F8



ミラーレス用交換レンズとマウントアダプター



シルバー/ブラックの2台が揃ったコンタックスT


高級コンパクトカメラブームに乗って登場した超広角専用機のリコー GR21



フィルムカメラ入門機として人気の高いオリンパスペン EE-2



専用パトローネ入り35ミリフィルムを使うコニレット IIM



ローライ製ストロボ、ローデンシュトック製引伸しレンズなど、こだわりの商品が並ぶジャンクコーナー



社長の野口さん(写真右)と、ご子息の圭介さん。


中村文夫の自腹でポン!@札幌

やっぱり無傷で帰れなかった。。。手前のレンズはオリンパスのフォーサーズ用35ミリF3.5 マクロ 。赤城耕一さんの著書「ズームレンズは捨てなさい!」でも紹介されているレンズで中古相場は1万円前後。出物があれば手に入れたいと思っていたが、まさか北の大地札幌でこんなにもお買い得な商品に出会うとは!!鏡胴の銘板がかすれているが光学系は良好で実用上まったく問題なし。フォーサーズアダプター MMF-3 経由でM4/3で使うときのAFスピードはさておき、レンズ単体で等倍まで寄れるし35ミリ換算で70ミリ相当の画角も使いやすい。
後ろにあるのはニコン製デジタルフォトフレーム。そもそもニコンがこんなものを発売していたことすら知らなかったが、なんと未使用のデッドストック品。10インチの大画面に加え1024×600ドットと解像度も高い。私が買う気になった最大の理由はHDMI入力を装備していること。デジタルカメラとHDMIケーブルで接続すれば撮影用大型モニターとして使うことができる。

オリンパス ズイコーデジタル 35ミリF3.5 マクロ
ニコンデジタルフォトフレームNDF-10
各6,000円
合計12,000円ナリ

<カメラファン加盟店>
セブン商会のショップ情報と在庫一覧は、こちらから



中村 文夫(なかむら ふみお)

1959年生まれ。学習院大学法学部卒業。カメラメーカー勤務を経て1996年にフォトグラファーとして独立。カメラ専門誌のハウツーやメカニズム記事の執筆を中心に、写真教室など、幅広い分野で活躍中。クラシックカメラに関する造詣も深く、所有するカメラは300台を超える。日本カメラ博物館、日本の歴史的カメラ審査委員。
BACK NUMBER