TOP > コンテンツ一覧 >

イベント情報

34
イベント情報
公開日:2016/10/15

ハイエンド写真機材展「Photo EDGE Tokyo」開催中

CAMERA fan編集部

四ツ谷のイメージスタジオ・イチマルキュウにて、ハイエンド写真機材展「Photo EDGE Tokyo 2016」が10月14日(金)に開催された。中判デジタルカメラや大型ストロボ、大判プリンター、カラーマネジメントモニターなど、プロのクリエイティブの現場で求められるハイエンドスチル機材を展示する総合イベント。会期は、15日(土)まで。
会場では、プロフォトグラファーによるトークイベント、月刊「コマーシャル・フォト」編集部によるポートフォリオレビュー、参加企業によるセミナーやプレゼンテーション、各社の最新ハイエンド機材の展示、カメラ&ストロボのトライアル撮影コーナー、大判プリンターでの作品展示コーナーなど、様々な催し物が行われている。
プロを目指す学生、コマーシャルフォトグラファー、広告会社、プロダクション、出版社、印刷会社までプロフェッショナルが対象となっている。



【Photo EDGE Tokyo 2016概要】


<日時>
10月14日(金) →終了
10月15日(土) 9:30〜17:00

<会場>
イメージスタジオ109 四谷スタジオ
東京都新宿区四谷1-16

<参加費>
無料・事前登録制

<参加申し込み>
http://www.photo-edge-tokyo.com/




<フォトグラファーによるセミナー・トークショー>



■10月15日(土)(2日目)

10:30 - 11:30 上野山裕二 & 中野敬久
「MYスタジオ+ハイエンド機材で仕事の幅を広げる」

13:30 - 14:30 五十嵐隆裕
「イメージクオリティの追求」by フェーズワン

15:00 - 16:00 金澤正人
「魅せる商品撮影〜上級者編〜」by ブロンカラー


<最新のプロフェッショナル機材の展示>

■ハッセルブラッド:1億画素機「H6D-100c」、マルチショット機「H5D-200c
MS」、ミラーレス中判デジタルカメラ「X1D」

■フェーズワン:1億画素機「XF IQ3 100MP」、Phase Oneレンズ群、RAW現
像ソフト「Capture One Pro」

■ライカ:中判一眼レフ「ライカS」、ミラーレスカメラ「ライカSL」、ライカの
代表モデル「ライカM」

■ブロンカラー:ハイエンドジェネレータ「スコロ」、リフレクター「パラ」シス
テム

■プロフォト:世界最速モノライト「D2 AirTTL」、ソニーカメラ対応の「Air
Remote TTL-S」、世界最速ストロボ「Pro-10」

■エプソン:A3ノビ対応「SC-PX5V II」、A2ノビ対応「SC-PX3」

■キヤノン:A2ノビ対応「PRO-1000」、B0ノビ対応モデル「PRO-4000」

■EIZO:31.1型4Kモニター「CG318-4K」、23.8型4Kモニター
「CG248-4K」、27型モニター「CG2730」

■HP:ノート型ワークステーション「HP ZBook Studio G3」、モニター一体型
「HP Z1G3」、デスクトップ型「HP Z840」

■G-Tecnology:モバイル用ストレージ、高速RAIDシステム



<イベントの詳細>
そのほかのセミナーや製品展示コーナーなどの詳細は
下記の公式サイトをご覧ください。
http://www.photo-edge-tokyo.com/

<主催>
Photo EDGE Tokyo 2016実行委員会(玄光社「コマーシャル・フォト」、
ブロンカラー/アガイ商事、ハッセルブラッド・ジャパン、
フェーズワンジャパン、プロフォト)

<協賛>
イメージスタジオ・イチマルキュウ、EIZO、HGSTジャパン、
エプソン販売、キヤノンマーケティングジャパン、日本HP、
ライカカメラジャパン
 
 
 
  玄光社MOOK
「赤城写真機診療所」
〜そんなカメラは捨てなさい〜

著者 赤城耕一
価格:1,800円+税
電子書籍版:1700円+税
<紙版>
Amazon
ヨドバシカメラ.com
紀伊國屋書店
セブンネット
<電子版>
Amazon Kindleストアほか
 
玄光社MOOK
「ズームレンズは捨てなさい!
〜3万円単焦点レンズで世界を変える〜」

著者 赤城耕一
価格:1,800円+税
電子書籍版:1500円+税
<紙版>
Amazon
玄光社ストア
ヨドバシカメラ.com
紀伊國屋書店
セブンネット
<電子書籍>
Amazon Kindleストア
マガストア
Fujisan.co.jp
雑誌オンライン
 
 
<CAMERA fan公式アカウント>
CAMERA fanでは、SNSで中古カメラ情報を発信しています。
ぜひフォローして、最新の商品情報をゲットしてください。
注:フォローすると、あるとき突然、猛烈に大量ポストがはじまり、タイムラインが一気に「中古カメラ」で埋まることがありますのでご注意ください。