TOP > コンテンツ一覧 >

ワークショップ&セミナー

16
ワークショップ&セミナー
カメラと写真を愉しむためのワークショップやセミナー
公開日:2015/11/25

CAMERA fan ワークショップ Vol.3 講師:赤城耕一「東京スナップ タムロンSPレンズで歩く神楽坂」

CAMERA fan編集部



写真家 赤城耕一氏がスナップショットの極意を伝えるワークショップです。
参加者には、タムロン SP45mmまたは35mmを貸し出し、講師と共に神楽坂の街を歩きながら撮影を楽しみます。撮影地の神楽坂は、表通りから一歩路地に入ると、料亭の黒壁と石畳がひっそりと広がり、どこか懐かしい風情がある街です。そんなフォトジェニックな神楽坂を、タムロンのSPレンズ45mmと35mmという準標準レンズの視角で切り取っていきます。
参加者は、赤城耕一氏から撮影することの楽しみと、写真を見る眼を養うことを学ぶことができるプログラムです。



講師:赤城耕一


神楽坂での撮影風景


<ワークショップ詳細>

「東京スナップ タムロンSPレンズで歩く神楽坂」
講師:赤城耕一
参加費:4,320円(税込)
参加定員:20名

*小雨でも開催します。悪天候の場合は延期になります。


【開催日時】 2015年12月5日(土) 10:00〜17:00



【座学会場】イイブリッジ(GALLERY & STUDIO ii-BRIDGE )
東京都千代田区飯田橋4丁目7-4
http://ii-bridge.com/index.html

<タイムスケジュール>

9:45〜 受付開始 機材貸出
10:00〜 赤城氏によるスナップショットの講義
11:00〜 撮影実習
14:30〜17:00 講評




<貸出機材>



写真左:TAMRON SP35mm F1.8 Di VC USD
写真右:TAMRON SP45mm F1.8 Di VC USD

【ご応募の前に必ずご一読ください】


◯参加には事前にお申し込みが必要です。
◯このワークショップは、多数の応募が予想されるため抽選式となっております。後日、カメラファンより抽選結果をお送りいたします。
◯当選者にはCAMERA fanからEメールにてご連絡いたします。事前に参加費をお支払い頂き、ご参加が確定となります。
◯ご希望の方にはタムロンSPレンズをお貸し出しいたします。
◯使用カメラに制限はございませんが、タムロンSPレンズのお貸し出しは、キヤノン製、ニコン製のデジタル一眼カメラを持参されるお客様に限らせて頂きます。
◯お貸し出しは、レンズのみです。カメラボディのお貸し出しはいたしません。
◯機材の数には限りがございますのでお貸し出しできない場合もございます。
◯キヤノン製、ニコン製のデジタル一眼カメラ以外のカメラボディをご持参の方へはお貸し出しはいたしません。マウントアダプターを使用する方へは、動作の保証ができないためお貸し出しはいたしません。


お申し込みはこちらから


☆2015年12月3日 12:45 追記
応募者多数のため受付を締め切りました。
抽選式のため、ご応募いただいた方には、ご参加の可否をEメールでご連絡いたします。

【赤城耕一氏の作品】

photo:赤城耕一
撮影地:東京・神楽坂


Canon EOS 5D MarkIII + TAMRON SP45mm F1.8 Di VC USD


Canon EOS 5D MarkIII + TAMRON SP45mm F1.8 Di VC USD


Canon EOS 5D MarkIII + TAMRON SP45mm F1.8 Di VC USD

こちらもご覧ください


<メーカーサイト>

タムロン 新SPシリーズ スペシャルサイト
https://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/#/




 
 
 
  玄光社MOOK
「赤城写真機診療所」
〜そんなカメラは捨てなさい〜

著者 赤城耕一
価格:1,800円+税
電子書籍版:1700円+税
<紙版>
Amazon
ヨドバシカメラ.com
紀伊國屋書店
セブンネット
<電子版>
Amazon Kindleストアほか
 
玄光社MOOK
「ズームレンズは捨てなさい!
〜3万円単焦点レンズで世界を変える〜」

著者 赤城耕一
価格:1,800円+税
電子書籍版:1500円+税
<紙版>
Amazon
玄光社ストア
ヨドバシカメラ.com
紀伊國屋書店
セブンネット
<電子書籍>
Amazon Kindleストア
マガストア
Fujisan.co.jp
雑誌オンライン
 
 
<CAMERA fan公式アカウント>
CAMERA fanでは、SNSで中古カメラ情報を発信しています。
ぜひフォローして、最新の商品情報をゲットしてください。
注:フォローすると、あるとき突然、猛烈に大量ポストがはじまり、タイムラインが一気に「中古カメラ」で埋まることがありますのでご注意ください。
 
BACK NUMBER