TOP > コンテンツ一覧 >

中古カメラ 一期一会

2
中古カメラ 一期一会
ショップのショーケースにならぶ中古カメラたち。中古カメラは1点モノで、同じ物は2つと無い。。。いまこの時を逃したら、目の前のカメラとは2度と出合えないかもしれない。写真家がショップを彷徨いながら出合った魅力的なカメラたちを紹介する。
公開日:2021/12/08

リニューアルした秋葉原 にっしんカメラ

Text & Photo 鹿野貴司


近年中古カメラ店が増えつつある秋葉原。JR秋葉原駅の昭和通り口から徒歩1分にある場所で、現在の店名になって2021年で20周年、前身も含めれば40年以上の歴史を有するのがにっしんカメラだ。そのにっしんカメラが、2021年10月8日にリニューアルオープンした。以前は、商品がびっしりと陳列され、外にはお買い得なカメラバッグやアクセサリーがわさっと積まれていて、THE昭和の中古カメラ店というイメージだったが、リニューアルによって、初心者や女性でも気軽に入れる明るい雰囲気に生まれ変わった。



にっしんカメラといえば、いつも熱いカメラ愛好家、とりわけ外国人観光客で賑わっていた印象がある。取材はリニューアルから2か月が経った12月で、コロナ禍で外国人観光客は減ったが、日本人客はだいぶ戻ってきたという。

場所柄さまざまな客層がやってくるので、店頭の商品ラインナップはバランスよく揃えることを心掛けている。初心者にも扱いやすいフィルムカメラを取り揃える一方、実用的なデジタル一眼レフ・ミラーレス機もショーケースに並ぶ。最近は手頃な価格のフィルムカメラが人気で、とりわけオリンパスOM-1やペンタックスMXといった小型軽量のフィルム一眼レフが売れるという。全般的に在庫の価格帯はリーズナブルで、定期的にのぞけば掘り出し物にも出合えるのではないだろうか。


チノン・ベラミ(左)
17,600円
ミノルタ・ミノルチナP(右)
26,400円


一時期ほどの価格高騰はないものの、依然として人気のフィルムコンパクトカメラたち。1981年発売のチノン・ベラミは、巻き上げレバーと連動したレンズカバーが特徴。巻き上げレバーを起こすと、レンズカバーがパカッと開く。その観音開きのレンズカバーには馬車と貴婦人のイラストがあしらわれ、独特な存在感がある。
ミノルチナPはさらに時代を遡って1964年の発売。ピントは目測、露出は追針式のプログラムオートというお手軽カメラだが、シンプルモダンなデザインは高級感もある。


富士フイルム・ナチュラNS
53,900円


もはや中古カメラ市場では伝説となりつつあるナチュラクラシカ…かと思ったら、外装がそっくりなナチュラNSだった。何が違うんだっけ?と思って調べたら、こちらには露出補正がないそうな。あとセルフタイマーが10秒のみ(クラシカは2秒も選択可能)だったり、ボタンの表記が日本語だったり。でもレンズは同じなので、写りは同じ。価格も安め。


キヤノン・IV Sb+キヤノン50mmF1.8
45,100円


キヤノンの技術や加工精度の高さを世に知らしめた1952年発売の名機。ダイヤルを回すとファインダーの倍率が3段階に変わる構造などは実に見事で、当時は「日本製品がライカに追いついた」と高い評価を得たとか(その直後にあのライカM3が登場しちゃうのだが…)。標準レンズもセットなので、買ってすぐに撮影が楽しめる。ちなみに進駐軍売店や在日米軍などで販売する製品に刻まれたEPマーク付き。


ハッセルブラッド500C/M(A12付き)
209,000円
Cディスタゴン50mmF4
39,600円


ライカM3、ローライフレックス2.8Fと並ぶ“中古カメラ御三家”のひとつ。もともと頑丈さをウリにした製品ではあるが、どの程度酷使され、またメンテナンスされていたかが、コンディションと価格差に現れるカメラでもある。しっかりと使う前提で購入するなら、信頼のできる中古カメラ店で20万円以上の品を選んでほしい。レンズは安くてクラシカルなCタイプを選ぶのもアリだと思う。


ゼンザブロニカS2シルバー+ニッコールP・C75mmF2.8
55,000円


ハッセルブラッドより安価ながら丈夫で使い勝手もよく、多くの写真家に愛用されてきた国産6x6判カメラ。1965年発売ながら当時のハッセルブラッドにはなかったクイックリターンミラーを採用。シャッターを切ってもファインダーがブラックアウトしないため、初めての中判カメラとしてもおすすめだ。コンパクトなニコン製標準レンズが付いてこの値段はお買い得。


キヤノンEOS 6D
63,800円
EF50mmF1.8 STM
12,100円


EOS 6Dは2020万画素CMOSセンサーを搭載した、小型軽量でバランスのとれたモデル。2012年発売だが今でも十分楽しめるスペックだ。EF50mmF1.8 STMは大口径ながら安価な現行モデル。F1.8で得られる大きなボケと、35cmまで寄れる近接能力の高さがウリだ。このフルサイズ一眼レフと標準レンズを組み合わせて75,900円也。ミラーレス機でどこか物足りなさを感じている人や、これから写真を勉強する学生におすすめ。


店内
かつての様子を知っている身としては、生まれ変わった店内にびっくり。大きな木製カウンターを設けるなど、明るくて暖かみのある雰囲気になった。


フィルム一眼レフカメラと交換レンズのショーケース
ファーストフィルムカメラとして初心者にも使える機種がたくさん並ぶ




外観
外からも店内の様子がよく見える。初心者や若者には入りにくそうな老舗の中古カメラ店も多々存在するが、それをふまえて誰でも入りやすいお店にしたという。


グッズ
カメラにくっつけたくなるキューピー人形や、古いカメラストラップをアレンジしたスタッフハンドメイドのトートバッグなど、にっしんカメラのオリジナルグッズも多数揃えている。




にっしんカメラオリジナルキューピー


期限が切れてかな〜りの経ったフィルム。動作確認のためには使えるかも。


にっしんカメラ店長
今回のリニューアルでは明るい店舗づくりを目指したという染谷保和店長。ご自身も柔和な雰囲気で、初心者には頼れる存在だ。


チノン・ベラミが可愛すぎてお財布を出すかどうか眉間にシワを寄せて検討する筆者
コンテンツ記事関連商品
中古
EOS 6D Mark II ボディ
Canon (キヤノン)
レンズ交換式
¥122,800
マップカメラ
中古
ハッセルブラッド 500C + プラナー 80mm f2.8 ノンT + A12
Hasselblad
中判カメラ
¥320,000
FLASHBACK CAMERA
中古
EOS 6D ボディ
Canon (キヤノン)
レンズ交換式
¥60,800
マップカメラ
中古
ハッセル(hassell) 500C/M + A12
ハッセル(hassell)
デジタルカメラ
¥179,800
トップカメラ
鹿野貴司(しかの たかし)

1974年東京都生まれ。多摩美術大学映像コース卒業。さまざまな職業を経て、フリーの写真家に。広告や雑誌の撮影を手掛けるほか、ドキュメンタリー作品を制作している。日本大学芸術学部写真学科や埼玉県立芸術総合高等学校で非常勤講師も務める。
写真集『日本一小さな町の写真館 山梨県早川町』(平凡社)ほか。

ウェブサイト:http://www.tokyo-03.jp/
Twitter:@ShikanoTakashi
BACK NUMBER