TOP > コンテンツ一覧 >

Traveler`s Photo Diary

59
Traveler`s Photo Diary
公開日:2022/11/24

1987年 パリ

Photo & Text 野寺治孝

ルーブル美術館にて
ミノルタX-700 20mm F2.8 コダックPKR-64

私がパリに行ったきっかけは、当時お世話になっていたストック写真を扱う会社の社長からの「ニューヨークを撮る感覚でパリも撮ってみたら」という何気ない一言からでした。

行ってみると、ネガティブな出来事もありました。街並みを撮っていただけで年配の女性に「警察を呼ぶぞ!」と言われた事もあります。当時は日本人というだけで差別されている、という感覚を強く抱いたものです。
しかし、それも一部の年配の方だけだと徐々に分かってきました。毎朝、朝食を食べに寄っていたカフェの若いスタッフとはすぐに仲良くなり、英語で話しかけてくれて、お勧めの撮影スポットも教えてくれました。

ある時、ランチを食べようと行き当たりばったりで入ったレストランのスタッフには、まったく英語が通じませんでした。メニューもフランス語で書かれていて読めない。
困った私は「肉が食べたいから、肉ならなんでもいいや!」と、皿の上に豚が乗っていてフォークとナイフを添えた絵をその場で描きました。それを見たスタッフは大笑い。スタッフがその絵を店中の人に見せると拍手喝采を受けました。ちゃんと豚肉のステーキが私のテーブルに運ばれてきました。芸は身を助けますね(笑)

さて、掲載している9枚の写真を見て何か気が付きませんか?パリなのに観光名所を写したものがありません。エッフェル塔も無ければ凱旋門の写真もない。私はそのような観光名所にはあまり興味が湧かないのです。

地図を見て、メインストリートから一歩入った路地を歩きながらスナップしていきました。私はパリでは“異邦人”ですから、住む人の生活感までは写し撮ることはできません。しかし“自分らしい視点”で撮ることは出来たと思います。もちろん「観光名所を撮るな」と言っているのではありません。ただそのような写真には、そこに行ってきましたというだけの記念写真で終わってしまうことが多いのです。

どこへ行こうとも“自分らしい視点”で写真を撮ることを大切にしてほしいと思います。
観たいのは“あなたが見て感じたパリ”なのです。



ミノルタX-700   35-135mm F3.5-4.5  コダックPKR-64


ミノルタX-700 20mm F2.8 コダックPKR-64

ミノルタX-700   35-135mm F3.5-4.5  コダックPKR-64


ミノルタX-700   35-135mm F3.5-4.5  コダックPKR-64


ミノルタX-700   35-135mm F3.5-4.5  コダックPKR-64

ミノルタX-700   35-135mm F3.5-4.5  コダックPKR-64


滞在したホテルにあった砂糖
ミノルタX-700   マクロ50mm F3.5 コダックPKR-64


滞在したホテルの窓から
ミノルタX-700   35-135mm F3.5-4.5  コダックPKR-64


<野寺治孝の使用カメラ>

ミノルタX-700
コンテンツ記事関連商品
中古
ミノルタ NEW X-700
ミノルタ
コンパクト・その他
¥15,000
レモン社
中古
ミノルタ NEW X-700+NMD50/1.4
ミノルタ
35mm一眼カメラ
¥28,800
レモン社
中古
ミノルタ X-700 NEW
ミノルタ
35mm一眼カメラ
¥21,000
レモン社
中古
ミノルタ モータードライブ1(X-700用)
ミノルタ
その他
¥4,800
カメラのナニワ
中古
ミノルタ モータードライブ1(X-700用)
ミノルタ
その他
¥4,800
カメラのナニワ
野寺治孝 NODERA HARUTAKA
1958年千葉県浦安市生まれ。
本郷高校デザイン科、にっかつTV映画芸術学院卒業。広告デザイン事務所、郵便配達員、牛乳販売業など職を転々とするが1984年にポストカードの自費制作販売を機にプロ写真家として活動を開始する。1991年に「有限会社スローハンド・野寺治孝写真事務所」を設立。多岐にわたる被写体を空気感とストーリーを感じさせる独自の作風で多くの作品を発表している。


<主な著書>

カッコいいスナップ写真の撮り方


写真の撮り方レッスンブック


トラベル・フォトレシピブック


パーフェクト・フォトレシピブック


レンズ1本で撮るフォトレシピ
写真がもっとかんたんで楽しくなる野寺流撮影講座
BACK NUMBER
  2022/11/24
1987年 パリ