TOP > コンテンツ一覧 >

オレたち、かめらふぁん!

4
オレたち、かめらふぁん!
CAMERA fanを運営する玄光社スタッフブログです。
中古カメラネタ、ショップネタ、新製品情報をご紹介していきます。
公開日:2013/04/09

本貫禄を楽しみたい「PENTAX MX-1」5月3日 発売

CAMERA fan編集部


ペンタックスリコーイメージング は、コンパクトデジタルカメラ「PENTAX MX-1」を、2013年5月3日に発売します。このカメラは、米国で開催されたInternational CES 2013で発表されて話題になりました。

開放F値F1.8〜2.5の大口径ズームレンズや、デュアル手振れ補正、最高ISO感度12800、大画面チルト式液晶モニターなど、スペック的にも魅力的ですが、カメラファンの皆さんが一番魅力を感じるのは、そのフィルムカメラライクなデザインではないでしょうか?

みなさん、もっとも注目したいのは、ボディー上下カバーの素材に、真鍮を採用しているということ。これはどういうことかというと、使い込んでボディが擦れてくると、塗装の下の真鍮の「下地」が顔を出してくるということ。これが良いんです。



(メーカー公式サイト掲載画像)

使い込んだ真鍮ボディのフィルムカメラは、エッジの塗装が剥げて、”貫禄”を醸し出します。このハゲ=貫禄がたまりません。この貫禄を塗装などにより人工的に作るべく、「偽貫禄クラブ」なるものまであります。

カメラファンの商品の中から、偽貫禄ではなく、本貫禄を見つけました。

キヤノン 7 50/0.95 レンズ付
カメラのヤマゲン


http://camerafan.jp/i.php?i=2186807
→商品が販売済みとなった場合、トップページへ転送されます。

この新製品MXのルーツとなったカメラは、PENTAX MX(1976年発売)。
コンパクトデジタルカメラMXは、このフィルムカメラのDNAが流れたカメラなのです。ペンタックスリコーイメージング は、同じ名を冠したカメラを37年の時を経て発売します。買ってすぐに塗装を剥がして、本貫禄を見せつけるか? それとも、きちんと使い込んで自然に本貫禄を出していくか? 貫禄のつけ方は、あなた次第です。



関連記事:カメラアーカイブ ペンタックス MX photo & text 中村文夫
http://camerafan.jp/cc.php?i=20

関連サイト:
ペンタックスリコーイメージング
http://www.pentax.jp/

製品ページ:
http://www.pentax.jp/japan/products/mx-1/

偽貫禄クラブ
https://www.facebook.com/nisekanroku
 
玄光社MOOK
「赤城写真機診療所 MarkII」
〜高速連写はやめなさい〜

著者 赤城耕一
価格:1,900円+税
電子書籍版:1800円+税

<紙版>
Amazon
ヨドバシカメラ.com
紀伊國屋書店

<電子版>
Amazon Kindleストアほか
 
  玄光社MOOK
「赤城写真機診療所」
〜そんなカメラは捨てなさい〜

著者 赤城耕一
価格:1,800円+税
電子書籍版:1700円+税
<紙版>
Amazon
ヨドバシカメラ.com
紀伊國屋書店

<電子版>
Amazon Kindleストアほか
 
玄光社MOOK
「ズームレンズは捨てなさい!
〜3万円単焦点レンズで世界を変える〜」

著者 赤城耕一
価格:1,800円+税
電子書籍版:1500円+税
<紙版>
Amazon
玄光社ストア
ヨドバシカメラ.com
紀伊國屋書店

<電子書籍>
Amazon Kindleストア
 
 
<CAMERA fan公式アカウント>
CAMERA fanでは、SNSで中古カメラ情報を発信しています。
ぜひフォローして、最新の商品情報をゲットしてください。
注:フォローすると、あるとき突然、猛烈に大量ポストがはじまり、タイムラインが一気に「中古カメラ」で埋まることがありますのでご注意ください。
 
BACK NUMBER
  2012/09/28
玄光社の新刊案内
  2012/08/30
プレゼント当選者
  2012/06/24
カメラ大中古市@前橋
  2012/03/26
都電 サイコー!!