TOP > コンテンツ一覧 >

オールドレンズ・ポートレート

50
オールドレンズ・ポートレート
公開日:2020/04/16

キヤノン FL58mm F1.2 大口径オールドレンズで撮るポートレート

photo & text 上野由日路(ZENI)/ モデル:星里咲(アーリーズ)
今回ご紹介するレンズは、キヤノンFL58mm F1.2。中古カメラ店でもよく見かけるレンズだ。F1.2というスペックのわりに手ごろな価格が印象的なレンズであるが、いったいどんな写りを見せてくれるのだろうか?


このレンズの誕生は1964年。キヤノンFXシリーズ用の大口径レンズだ。一眼レフ用のF1.2用のレンズとしてはかなり初期のモデルになる。1961年にCanon50mm F0.95を発売したキヤノンは当時大口径レンズの設計を得意とし一眼レフ用のF1.2もキヤノンRシリーズ用にSUPER CANOMATIC R 58mm F1.2を1962年に発売する。一眼レフ用としては、Zunow58mmF1.2(1958年)、TaikaHarigon 58mmF1.2(1960年)とともに当時最も明るい標準レンズであった。
今回ご紹介するFL58mm F1.2は、SUPER CANOMATIC R 58mm F1.2の光学設計を受け継いでいる。

一眼レフ用のF1.2クラスのレンズとしては最初期のレンズになるが描写は驚くほど安定している。この安定している描写が没個性的な印象につながっているのかもしれない。しかし撮影する側にとってみれば扱いやすい非常にいいレンズだ。


モデル:星里咲(アーリーズ)
SONY α7R 1/1000秒 ISO640  WB:太陽光+マゼンタ RAW
F1.2だけあって極めて浅い被写界深度を持っている



前ボケもかなり柔らかい


SONY α7R 1/1000秒 ISO640  WB:太陽光+マゼンタ RAW
背景のボケはかなり柔らかく癖もないので自然と目線は被写体に向く。


ポートレートにおいて大切なのはモデルを前面に押し出すことだ。レンズの個性は行き過ぎるとモデルの個性やカメラマンの作画意図の妨げになることもある。

SONY α7R 1/1000秒 ISO800  WB:太陽光+マゼンタ RAW
ピント面のシャープさと背景のやわらかさがこのレンズの魅力だ。



SONY α7R 1/400秒 ISO640  WB:太陽光+マゼンタ RAW
最短撮影距離近辺 ボケから立ち上がってくる被写体の感じは超大口径レンズならでは



SONY α7R 1/400秒 ISO2000  WB:太陽光+マゼンタ RAW

SONY α7R 1/400秒 ISO3200  WB:太陽光+マゼンタ RAW
モデルに自然と目が行く。大口径レンズの深いボケの効果だ。


前ボケも後ボケも柔らかいので細かいことを気にせずに絵作りができる。発色も控えめながら忠実で現代のミラーレスカメラとの相性も良い。水彩画のような美しい背景とキリっとしたピント面、メリハリの効いた描写の非常に扱いやすいレンズだといえる。一見地味に見えるが着実に仕事をこなしてくれる職人気質のレンズ。それがFL58mm F1.2の印象だ。

ポートレート撮影で一度は使いたいF1.2の大口径レンズ

被写体が背景に溶け込むようなF1.2クラスの大口径レンズの描写は、開放値が暗いレンズでは得ることのできない独特の描写だ。しかしながら当然、大口径レンズの価格は驚くほど高い。キヤノン FL58mm F1.2のように安価で手に入るにも関わらずしっかりとした描写をするレンズは稀有といえる。そういったレンズを見つけるのもオールドレンズ遊びの醍醐味の一つだ。


FL58mmF1.2は赤い部分が他のFD,FLレンズより突出している。

FL58mm F1.2を使う際、注意が必要なのが「アダプター相性問題」だ。このレンズのマウントは、FLマウントでFDマウントとほぼ同じであるが稀に相性の悪いものがある。加えてFL58mm F1.2はレンズのマウント側が構造的に出っ張っている(写真の赤の部分)のでマウントアダプターと干渉することがある。FL58mm F1.2と干渉しないアダプターを使うことが前提となる。muk カメラサービスが扱う「muk FD-NEX P」はFL58mm F1.2でも安心して使うことができるアダプターの一つだ。

Mukカメラサービス:http://blog.monouri.net/archives/52260598.html



カメラに装着したFL58mmF1.2。大口径レンズだけあって非常に迫力のある外観だ。
Recoil 1969のハイグリップケース + パッドストラップ



 
コンテンツ記事関連商品
中古
【難あり】 FL 135mm 1:3.5
Canon
レンズ
¥1,000
松坂屋カメラ
中古
キヤノン FL50/1.8
キヤノン
MF一眼用
¥5,800
カメラのナニワ
中古
キヤノン FX+FL50/1.8
キヤノン
35mm一眼カメラ
¥16,000
レモン社
中古
キヤノン FT+FL50/1.4
キヤノン
35mm一眼カメラ
¥14,000
レモン社
中古
IRIX 15mm F2.4 Firefly (キヤノン用)
その他
レンズ
¥48,800
マップカメラ
上野由日路(うえの よしひろ)
広島県出身 1975年生まれ
六本木スタジオを経てフリーに。雑誌、コマーシャルでのポートレート撮影をメインに活動。オールドレンズ、とくにシネレンズをの特徴を活かした独特の表現で作品制作を行なっている。著書「オールドレンズ×美少女」

シネレンズ+美少女 CINEMA LENS+CHICS
http://raylow331.wix.com/cinemachics

上野由日路
http://raylow331.wix.com/raylowworks#

 

 
オールドレンズ×美少女
ポートレート撮影でオールドレンズの魅力を発見する


A4変型判 160ページ
定価:1,800円+税

Amazon
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4768306691/