TOP > コンテンツ一覧 >

オールドレンズ・ライフ

6
オールドレンズ・ライフ
公開日:2013/02/13

ノクトン25ミリF0.95の求心力

photo & text 澤村 徹

マイクロフォーサーズ専用の単焦点MFレンズ。35mm判換算50mm相当で、大口径標準レンズという位置づけだ。
最短17cmまで寄ることができ、開放撮影でリッチなボケ味が味わえる。
Micro Four Thirds Mount
Voigtländer
Nokton 25mmF0.95
価格:99,750円(税込)

単焦点レンズは明るいものが多く、大きなボケ味が魅力だ。これはオールドレンズを使う理由のひとつといえるだろう。ただし、大口径タイプのオールドレンズは非常に高価で、また玉数が少なく入手が難しい。手軽に大口径単焦点レンズを試したいなら、フォクトレンダーのノクトン25ミリF0.95という選択肢を検討してみよう。

このレンズはマイクロフォーサーズ専用の単焦点MFレンズで、35ミリ判換算50ミリに相当する。常用レンズとして使いやすい画角だ。特筆すべきは、F0.95という突出した明るさである。このレンズは最短17センチまで寄れるので、開放で近接撮影すると幻想的なボケが生まれる。雲に飛び込んだような圧倒的なボケ量だ。ただし、レンズの焦点距離自体は広角クラスなので、中遠距離ではそれ相応のボケ量となる。近接の壮大なボケ、中遠距離のうっすらとしたボケ。この両者を巧みに使い分けたい単焦点レンズだ。実売は6万円台後半程度で、F0.95という大口径を思えばリーズナブルな価格帯である。


開放はやや甘いが、F0.95という明るさを思えば大健闘といえるだろう。
近接撮影で大きなボケ味を楽しみたいレンズだ。
PEN E-P1+Nokton 25mmF0.95 絞り優先AE f0.95 1/500秒 ISO200 AWB RAW



CAMERA fanでNOKTON 25mm F0.95を探してみる


 
澤村 徹 プロフィール
フリーライター・写真家

マウントアダプターを用いたオールドレンズ撮影、デジタルカメラのドレスアップ、デジタル赤外線写真など、ひと癖あるカメラホビーを提案している。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。玄光社「オールドレンズ・ライフ」の他、雑誌、書籍など数多く執筆。

ウェブサイト:http://www.metalmickey.jp/
Twitter:https://twitter.com/tetsu_sawamura
 
「オールドレンズ・ベストセレクション」
著・澤村徹
オールドレンズ172本をアーカイブ 
銘玉から迷玉まで、オールドレンズ172本を収録したオールドレンズガイドブックの決定版です。ライカ、ツァイス、ロシアレンズに国産レンズ、果てはマニアックなシネレンズまで、オールドレンズのフルコースを1冊にまとめました。7年続いた「オールドレンズ・ライフ」シリーズをベースに、豊富な作例とともにオールドレンズの魅力を解説しています。オールドレンズファン必携の完全保存版です。