TOP > コンテンツ一覧 >

新製品ニュース

29
新製品ニュース
公開日:2022/06/10

ライカ特別限定モデル フィルムカメラ「ライカM-A チタンセット」発売

CAMERAfan編集部

ライカカメラ社(以下ライカ)は、特別限定モデル「ライカM-A チタンセット」を2022年6月18日(土)に発売する。本モデルは、フィルムカメラの「ライカM-A」とクラシックなデザインのレンズ「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」のセット販売。世界250セット限定で、カメラ本体とレンズのどちらにも、エディションナンバーが刻印される。ライニングにブラックカラーのシルクを用いた特製ボックス入り。価格は319万円(税込)。ライカストア、ライカオンラインストアおよびライカブティックにて発売予定。





今回の特別限定モデルは、カメラ本体とレンズはいずれも他の製品とは一線を画すエレガントかつラグジュアリーな雰囲気を醸し出しており、時を経ても色褪せることのないタイムレスな魅力を放つ。

「ライカM-A」は、電池も必要としない純粋な機械式カメラ。本当に必要な要素だけを厳選して取り入れるというライカの製品づくりの哲学を見事なまでに反映させた。カメラのトップカバーには、クラシックな書体で「Ernst Leitz Wetzlar」の文字を刻印。

一方「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」は、1956年に登場した初代ズミクロンMの50mmレンズである「ライカ ズミクロン f2/50mm」をベースに外観をデザインしたレンズで、今回のモデルでは外装にもチタンを採用。また、付属の丸型レンズフードの材質も無垢のチタンを削って作られている。ライカはこれまでに、材質にチタンを使用したカメラを何度かリリースしているが、「ライカM-A チタンセット」はその伝統を受け継ぐ製品で、2001年に初登場した「ライカM6 TTL チタン」から数えて6機種目となる。

特別限定モデル:「ライカM-A チタンセット」発売
https://store.leica-camera.jp/news/leica_m-a_titan
コンテンツ記事関連商品
中古
M-A(Typ127)
Leica (ライカ)
フィルムカメラ
¥628,800
マップカメラ
中古
M-A(Typ127)
Leica (ライカ)
フィルムカメラ
¥548,000
マップカメラ
中古
M-A(Typ127)
Leica (ライカ)
フィルムカメラ
¥578,000
マップカメラ
中古
M-A(Typ127)
Leica (ライカ)
フィルムカメラ
¥579,800
マップカメラ
中古
ライカ M-A(TYP127) ブラッククロームボディ
ライカ
コンパクト・その他
¥568,000
カメラのナニワ
BACK NUMBER